小さな道化師

今年の初めにピエロを作りました。

その作品は、巡り巡ってカレンダーの1・2月を飾ることになりました。
作ってる間は、そんな展開が待ってる一年になるだなんて全く考えもしませんでした。人生、何が起こるかわからないものです。

そもそも、人形作家になるなんてこと自体がまったく予想外でした(笑)

この子はカレンダーとは別の子です。
ドールワールドリミテッド用に新しく作りました。

pierrot1.jpeg

サーカスは賑やかで楽しいイメージでありつつ、
やっぱりちょっともの悲しくて怖い。

その悲しさも含めて魅力なのかなとも思いつつも、
私の作品は、ノスタルジーと幸福なイメージで作りたい。

そばにいて、毎日ちょっとにっこりできるような、幸せな人形を作りたい。
ぼんやりとそんな感じで作ってきたけれど、
最近、ちょっと自覚的になってきた気がします。

pierrot3.jpeg

鮮やかな黄緑色と青い生地はイタリア製の布。
友達と一緒に素材探しに行って、みんなで分けました。
友達は可愛いカエルとワニくんに変身。

同じ生地で湧いてくるイメージがいろいろで面白いです。

pierrot4.jpeg


pierrot5.jpeg


pierrot6.jpeg

カレンダーでも赤い風船を作りましたが、今回も赤。
ベタだなと思うけど、やっぱり赤い風船はノスタルジックで一番好きです。

スポンサーサイト



ドールワールドリミテッドありがとうございました。

主催者の方々をはじめ、ご来場くださった皆様、作品をお迎えくださった皆様、
本当にありがとうございました。

私は基本的にドールワールドしかイベントには出ていないようなものなので、
一年で3日くらいしか、実物の作品を見て頂けるチャンスはないのですが、
それを楽しみに待っていてくれている方には本当にありがたいなと思うのです。

1日か2日しかないイベントに予定を合わせて足を運ぶのってとても大変です。
やらなきゃいけないこと、他の予定とか、いろいろあるのを都合つけないといけないし、
楽しみにしているイベントに限ってなぜか予定がかぶったり(笑) 
(忙しいわけでもないのに、お誘いとか同じ日になるのあるあるなんですが、私だけ?)

なので、ドールワールドでお会いできることは本当に嬉しい。
なんとなく、買わなきゃ悪いかなぁみたいに遠慮がちに見ていかれる方も
買わなくてごめんなさいとか仰られる方もいらっしゃいますが、
いえいえ、ここに来て作品を見て頂けるだけでも、スゴイことだと思ってますから!

といつも心では思いつつ、イベント中は舞い上がっていて、
なかなかこういう思いが伝えられていないなぁと反省している次第です。
改めまして、本当にありがとうございました。


dw2019

メリーポピンズ

映画はメリーポピンズ、児童文学だとメアリーポピンズ?
イギリスの児童文学でディズニー映画でも有名な作品。
映画と原作はだいぶ違うものなので、それぞれにファンがいる作品なのかな。

東風に乗ってやってくる不思議なナニー。

去年はピーターパンを作って今年はメリーポピンズ。
私は、ロンドンの空を飛んでくる人が好きなんでしょうか(笑)

メリーポピンズは、素敵な魔法をいっぱい使うけど、
不思議な魔法に一切の説明がないところがとてもいい。
素敵なものには説明なんかないほうがいいんだなと気付かされました。

marypoppins2.jpeg

動物や自然とお話ができる人なので、
傘のオウムちゃんとお話ししてるところです。
本当は頭の部分しかないんですが、全身作っちゃいました。
私にしては珍しく粘土で作っています。

marypoppins3.jpeg



marypoppins1.jpeg

いかにもメリーポピンズだなと思うこのファッションは
20世紀初頭のエドワーディアンというスタイルなんだそうです。
その中でも、高等教育を受けて働く女性がこんな感じの格好で
街を闊歩していたみたい。
当時の先進的なかっこいい女性をイメージしていたのかな?

marypoppins4.jpeg



marypoppins5.jpeg



marypoppins6.jpeg


カーペットバックの素敵生地は、倉富喜美代先生に頂いたのもの。
アンティークですごく素敵です。
実物を見て欲しい!


marypoppins7.jpeg


オウムちゃんアップ。

ドールワールドリミテッド、ぜひ見に来ていただきたいです。

12月8日。浅草、都立産業貿易センター4階。
12時から17時です。
即売会なのでお早めにどうぞ。

ハートの女王

ハートの女王様はむくれてます。

特にハートの女王が好きだったわけじゃないけど、
中身はこんな子供なんじゃないかなと思ったら、ちょっと愛おしくなりました。

女王様ってなんでも手に入れられても孤独っぽいですしね。
大人になった今の方がそんなことも想像できて、楽しいかもしれないですね。

トムとジェリーも、子供の頃はジェリーが好きだったけど、
今は「トム頑張れ」って応援してしまう(笑)



queen6.jpeg


でも、この子は幸せな子。ちょうど作ってる最中に刺繍教室があり、
倉富喜美代先生から、超絶素敵なアンティークの生地を分けて頂いたのです!
この子のガウンが素敵なのは倉富先生のおかげです。

本当に素敵な生地なんです。
なかなか見つけられないし、見つけても買えるかどうか。。

queen2.jpeg


queen3.jpeg


queen4.jpeg


素敵なガウン、よかったね!
元気出して╰(*´︶`*)╯♡

雲の天使

ふんわり、飛んでいる天使の子です。
柔らかくてあったかい、羊毛の天使をと思いましたが、
羊の上に乗ってるのもなんなので(笑)
見た目の似てる雲の上を軽やかに飛んでいただきました。


ウールレースで作った翼に羊毛の服。
天使は初めて作りましたが、天使って結構シンプルな服を着てるものなんですね。
やっぱり、翼が一番のポイントなんでしょうね。

いつかもっとリアルっぽい翼の天使にも挑戦してみよう。

angel2.jpeg

いつもは3.5等身くらいですが、4等身くらいあるかなと思います。
なんとなく全体の佇まいがいいなーと思えるお人形を目指しているのですが、
トータル的なバランスを考えて作っていくのはなかなか難しいですね。。


angel3.jpeg



angel4.jpeg

ドールワールドリミテッドに連れて行きます。

いよいよ今週末です。